枕カバーのシミ・黄ばみ・臭いはサンソリキで解決!


毎日の睡眠に不可欠な枕。枕カバーは肌と接触している時間が長く、汚れが付着しやすい環境にあります。頭が汗をかきやすいということもあり、頻繁にお洗濯した方が適切です。とはいえ天気や忙しさで毎日の洗濯は難しいことも。「枕カバーについてしまった汗染みやニオイを簡単に落とせる方法はない?」
そんな奥様のお悩みに多目的洗浄剤のサンソリキで一気に解消いたします!


毎日使って黄ばみや汚れ、臭いが気になる枕カバー

簡単!つけ置くだけで効果テキメン!


枕カバーに付着している汚れやシミと臭いは、「汗」と「皮脂」に含まれる成分の分解物や酸化物が発する汚れと臭いです。またこれらの汚れや臭いは世代ごとに異なり、それは「汗」と「皮脂」の量的・質的変化により異なるニオイを発生させるからです。

枕カバーの洗濯頻度は全体的にかなり低いという認識です。汚れは放置していると、頑固な汚れとなって定着してしまい、またイヤな臭いの元になってしまうので注意が必要です。

サンソリキではつけ置き洗いをすることで、枕カバー独特の汚れと臭いの解消に威力を発揮します!!


黄ばんだり汚れたり臭いが気になる枕カバーを酸素の洗剤サンソリキで漂白する準備

サンソリキを約20gとります

酸素の洗剤サンソリキをお湯に溶かす

約40〜60℃のお湯2ℓにいれます

酸素の洗剤サンソリキの溶液に黄ばんだり汚れたり臭いが気になる枕カバーをつけ置き

時間は30分~1晩つけます


どのくらいの頻度で洗うもの?


人は寝ている間に冬場でも「コップ1杯の汗をかく」といいます。体質やエアコンの使用により状況は変わりますが、夏場はそれ以上に汗をかきますので、できれば毎日洗濯することが理想です。

枕本体も湿気を含みやすいので、こまめに干したり、布団乾燥機を使ったりして湿気を飛ばしましょう。枕の詰め物の素材によっては、丸洗いができるものもありますし、陰干ししないといけないものもあります。枕についている洗濯表示タグをご確認ください。きちんとケアをして、清潔な枕で気持ちよく眠りたいですね。


何度も洗濯しても生地は傷めません


サンソリキは自然界に存在する『酸素の力』で洗浄するので、繊維や生地は傷めません。また、頑固なしつこい汚れには一度で落ちなくても、何度も洗っていくうちに生地本来の状態になっていきます!

ぜひ、サンソリキのパワーを実感してください!


枕カバーの黄ばみも汚れも臭いも取れて気持ちよく寝ている女性

サンソリキって何?サンソリキがどういうものかをお伝えします『サンソリキとは』
サンソリキの商品はどんな商品があるの?『商品紹介』
サンソリキはどうやって使うの?『使用方法』
サンソリキを実際に使った人達は実際どう感じてる?『クチコミ・レビュー』
サンソリキについてのギモンを解決したい!『よくある質問』