安心・安全な洗剤ですが使えないものもあります


◎ お湯の温度が高いほど効果は強まりますが、熱湯をご使用の際は火傷にご注意ください。
◎ 油汚れに強いため、油が主原料の製品を溶かす可能性があります。
  • 絹、ウール、皮製品などの動物性の繊維や生地は、その脂分を除去してしまい、変色や変形、縮みの恐れがあります。
  • 接着剤を使用しているものなどは、接着剤を溶かすことがあります。
  • 漆塗り、ワックスなども溶かしてしまうことがございます。
◎ 酸素の力で汚れを落とすので、酸素と結びつくと変色するものには使えません。
  • 銀、銅、亜鉛、アルミなど酸素と結合すると変色する金属類
  • 白木、桐などの樹木類
  • 大理石などの火山岩でできたもの
◎ 基本的に素手で扱っても大丈夫ですが、手肌の弱い方は手袋をご使用ください。
◎ スプレー容器などに『サンソリキ』の溶液を入れる場合、温度を冷ましてから封をしてください。発生する酸素で容器が破損する恐れがございます。また保存の場合は空気穴をあけるか封を緩めて保存してください。容器の膨張や破損の恐れがございます。
◎ 溶液をつくり置いた場合、徐々に酸素が抜けていき、1週間ほどでほぼ水になってしまいます。つくり置きした溶液で汚れ落ちが悪くなったら、新しく溶液をつくってください。また、溶液を密封しての保存は放出される酸素で容器の膨張・破損の恐れがございます。
◎ 幼児の手の届くところに置かないでください。
◎ 本品を飲み込まないでください。

※万一飲み込んだ時は、すぐに吐かせ、牛乳か生卵を飲ませてください。
 目に入った場合は水で充分洗い流してください。
 どちらの場合もすぎに医者に診てもらってください。

<お願い>
初めてご使用になるものは変色・変形しないか目立たない場所でお試しの上ご使用くださいませ!


酸素の洗剤サンソリキは使用上の注意をよく読んでご使用ください。

シェアする

サンソリキって何?サンソリキがどういうものかをお伝えします『サンソリキとは』
サンソリキの商品はどんな商品があるの?『商品紹介』
サンソリキの効果はどのくらいあった?『利用事例』
サンソリキを実際に使った人達は実際どう感じてる?『クチコミ・レビュー』
サンソリキについてのギモンを解決したい!『よくある質問』